院内メンテナンスをおこないました②

今回の院内メンテナンスでは、歯科用治療イス(ユニット)の吸引システムのオーバーホールと調整、部品交換などをおこないました。なかなか診療中や手術中にはできませんので集中して一度に業者さんに対応していただきました。
特に手術室の吸引は大切ですので、日頃のメンテナンスは欠かせません。

明日、6/25(土)から通常診療を再開します。患者様にはご迷惑おかけしました。どうぞ宜しくお願い致します。

院内メンテナンスをおこないました。

6/22(水)から6/24(金)まで院内メンテナンスにより休診させて頂いております。
今回は、外科器具や歯科治療器具のウイルスを洗浄する器材である『ミーレ』のオーバーホールのため入れ替えをおこないました。この洗浄機器は、付着したウイルスを99%除去すると言われております。ウイルスはタンパク質と合わさって付着しているため、タンパク質を除去してから、滅菌しないと適切な清潔度を保てません。また、当院では、(ウイルスを含むタンパク質除去後に)クラスBの滅菌器で滅菌をおこないます。この方法が一番安全だと考えてます。当院の清潔レベルは、患者様には安心して受診して頂けます。ただ、器具器材の消毒滅菌には限りがありますので、初診で受診される患者様は、予め電話でのご連絡をお願い申し上げます。
どうぞ宜しくお願い致します。

今後も最高水準の清潔・滅菌レベルの医療水準を維持致します。

当院は完全予約制で診療しております。

ここ最近、土曜日の予約がなかなか取れなくて申し訳ありません。当院の予約についてですが、ホームページにも記載してある通り、完全予約制です。
本日、午前中の診療が終わる直前に、初診の患者様が直接受付にいらっしゃいました。『本日、診てほしい』との事でしたが、お話を聞いた所、緊急性は無かったため、別の日をご提案しました。
当院が完全予約制にしているのは、以下の理由があります。
①感染予防を徹底して器具準備をしているため
②計画的な治療をしているため
③予約時間通りに治療を開始するため
④コロナのクラスター感染の可能性を少しでも減らすため
以上、4つが大まかな理由です。

しかしながら、『痛み』や『外傷』は緊急性がある場合が多いため、あらかじめ、お電話を頂けるとより良い対応ができます。
どうぞ宜しくお願い致します。

岩元歯科クリニック守谷 岩元健剛

山田さんがインプラント専門歯科衛生士に合格しました

当院の主任歯科衛生士の山田さんが、日本口腔インプラント学会のインプラント専門歯科衛生士に合格しました。コロナの影響で試験が一時的に1年間ほど延期になってしまいましたが、無事に合格しました。今後もインプラント患者様のために口腔衛生やインプラント治療に貢献できれば幸いです。

オールオン4コースに参加してきました。

先日、ノーベルバイオケア社の品川研修室でMalo clinic TOkyo主催の『オールオン4コース』に参加してきました。コロナ情勢の中、約2年ぶりのオールオン4コースでした。
毎回ですが、埋入実習はお手伝いする私の立場からしても学ぶことがたくさんあり、とても有意義でした。
そもそも、オールオン4治療はパイロットスタディを含めると約30年近くの実績がある治療です。
インプラントの本数も4本で済みますし、経済的にも、お体の負担も、お手入れの簡便さから良い治療です。
正しい認識でオールオン4が広まれば幸いです。

茨城新聞に掲載させていただきました。

茨城新聞の1月7日金曜日、発刊の『トップが語る2022』にて当院が掲載されました。
今年もコロナに負けず、茨城県エリアのインプラント治療に貢献できればと思います。
また、今年も茨城県歯科医師会館にてインプラント治療の勉強会を引き続き頑張っていきます!

今年も無事に診療が終わりました。

今年も相変わらず大変なコロナ渦の中でした。しかしながら、口腔の健康や食の楽しみなど、ひとえに時間の過ごし方といいますか、関心を持たれた方も多かったのかと思います。そのためか、今年はインプラント治療のお問い合わせや出張インプラント手術の依頼が多い印象でした。
当院は10年目の節目に入りました。今後も低侵襲のインプラント手術を目指して、日々、進化していこうと思います。
来年も宜しくお願いいたします。